コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Vil'kitskii,B.A. VilkitskiiBA

世界大百科事典内のVil'kitskii,B.A.の言及

【セベルナヤ・ゼムリャ[諸島]】より

…氷河に覆われない地表は極地性ツンドラか裸地で,顕花植物が約50種,タビネズミ,南の島には野生のトナカイがすみ,夏には無数の水鳥が営巣して雛をかえす。諸島はロシアの探検家ビリキツキーB.A.Vil’kitskii(1885‐1961)が探検したが,1930‐32年にウシャコフG.A.Ushakov(1901‐63)指揮の探検隊により精査され,セベルナヤ・ゼムリャと命名され,地図に記載された。【渡辺 一夫】。…

【ビリキツキー海峡】より

…夏にも流氷が多く見られる。1914年夏,ロシアの探検船タイミル号がこの水路をひらき,隊長のビリキツキーB.A.Vil’kitskii(1885‐1961)の名を記念して命名された。【渡辺 一夫】。…

※「Vil'kitskii,B.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Vil'kitskii,B.A.の関連キーワードビリキツキー海峡ビルニュスプラハ言語学派イルネルボゼムリャ・フランツァ・イオシファビリキツキー海峡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android