コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Volgo-Ural'skii neftegazonosnyi bassein VolgoUralskiineftegazonosnyibassein

世界大百科事典内のVolgo-Ural'skii neftegazonosnyi basseinの言及

【ボルガ・ウラル油田】より

…もともと西はボルガ川,東はウラル山脈のすそ野で限られた地域であったが,現在では新しい油井がボルガ川のはるか西方でも開発されつつあり,範囲はさらに拡大している。また,天然ガスもあわせて噴出するので,ボルガ・ウラル油・ガス田Volgo‐Ural’skii neftegazonosnyi basseinと呼ばれ,範囲はタタールスタン,バシコルトスタン,ウドムルトの3共和国,サラトフ,ボルゴグラード,シンビルスク,キーロフなどの各州にまたがっている。油徴は18世紀からボルガの舟引労働者にまで知れわたっており,20世紀初頭には多くの試掘が行われたが成功しなかった。…

※「Volgo-Ural'skii neftegazonosnyi bassein」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Volgo-Ural'skii neftegazonosnyi basseinの関連キーワードボルガドン運河アセナフテンアルハンゲリスキー寺院アルハンゲリスキー大聖堂ジノビエフポドリエウラジーミルツォフウラルアルタイ語族ウラル山脈ミアスク岩

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android