コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Voroshirov Voroshirov

世界大百科事典内のVoroshirovの言及

【ウスリースク】より

…ロシア連邦東部,沿海州の都市。人口16万2000(1993)。ウラジオストク北方112km,シベリア鉄道と牡丹江,ハルビン方面への鉄道との交点にあたり,スイフン川に臨む。油脂,砂糖,製粉および製肉コンビナート,機械製作,機関車修理などの工場があり,農業,教育の両大学と鉄道技術専門学校がある。1866年に開かれ,旧称は1898年までニコリスクNikol’sk,1935年までニコリスク・ウスリースキーNikol’sk Ussuriiskii,以後57年まではボロシーロフVoroshilov。…

※「Voroshirov」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android