コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Weber,E.H. WeberEH

世界大百科事典内のWeber,E.H.の言及

【ウェーバー】より

…ウィッテンベルクの生れ。1820年からハレ大学で数学を学び,ライプチヒ大学教授の兄エルンストErnst Heinrich Weberとの共著《実験波動学》(1825)を皮切りに音響学に関する論文を次々に発表,それらが認められ28年ハレ大学員外教授,31年にはC.F.ガウスの推薦でゲッティンゲン大学物理学教授に任命された。後に地磁気に関してガウスと共同研究を展開し,ゲッティンゲンに地磁気観測所を設立したのをはじめ国際磁気連盟を創設,《磁気連盟観測結果》全6巻を公刊した。…

※「Weber,E.H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Weber,E.H.の関連キーワードウェーバー(Ernst Heinrich Weber)ウェーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber)ウェーバー(Bruce Weber)ギデンズ血管腫母斑症織工ヴェーバーの法則(生理学)ヴェーバーの法則(電磁気学)プロトブラスティック

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android