コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Whiggamore Whiggamore

世界大百科事典内のWhiggamoreの言及

【ホイッグ党】より

…ピューリタン革命後,国王反対勢力は一時完全に押さえこまれていたが,1670年代初めから勢力を盛りかえし,70年代末にはチャールズ2世の王位継承候補者からヨーク公(のちのジェームズ2世)を排除しようという大運動を展開するに至った。その中心勢力につけられた蔑称がホイッグで,語源はスコットランドの反徒ホイッガモアWhiggamoreである。その支持基盤は初期産業資本および商人層で,のちには貴族や大地主層の一部を含むようになる。…

※「Whiggamore」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Whiggamoreの関連キーワードホイッグ党

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android