コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Wright,E.O. WrightEO

世界大百科事典内のWright,E.O.の言及

【社会学】より

…(4)構造主義的社会学 客観主義的アプローチからするラディカル変動の社会学で,社会実在論的,実証主義的,決定論的,法則定立的な性格をもつ。このうち,最も重要なのは,〈科学的〉マルクス主義の異名をもつアルチュセールやプーランツァスNicos Poulantzas,さらにその強い影響を受けたライトErik Olin Wrightたちの階級論と国家論である。現象を原子論的単位に還元することなく,相互連関する諸要素の組織されたセットとしてとらえるべきだという教え,直接観察可能な社会的現実の背後に横たわる全体構造を把握すべきだという訓戒,さらに構造は深層と表層の多層性をもつという主張,これらはいずれも構造主義理論から継承したものであるが,彼らの真面目は人間主義をもってイデオロギーとみなし,歴史的変動は構造そのものの中に内蔵されている矛盾の把握によってしか求められぬとして,階級と国家を中心にした経験的研究を推進したことである。…

※「Wright,E.O.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Wright,E.O.の関連キーワードライト兄弟ライト兄弟ライト兄弟アカソライト(兄弟)バンダインバン・ダイン結晶作用結晶地質温度計

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android