コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Zanthoxylum piperitum f.brevispinosum Zanthoxylumpiperitumfbrevispinosum

世界大百科事典内のZanthoxylum piperitum f.brevispinosumの言及

【サンショウ(山椒)】より

…果実および若葉は日本古来の香辛料で,古名をハジカミ(椒)という(イラスト)。北海道から九州までの山地に自生するミカン科の落葉低木で,人家にも植えられる。よく枝分れして高さ2~3mになる。葉は11~19枚の小葉が奇数枚羽状に集まる複葉で,長さ5~15cm,茎に互生する。小葉は縁に波のある細長い卵形で,長さ1~3cm。葉の付け根には1対のとげがある。雌雄異株で,春に葉の付け根に花穂がつき,多数の黄緑色の小花が咲く。…

※「Zanthoxylum piperitum f.brevispinosum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Zanthoxylum piperitum f.brevispinosumの関連キーワードサンショウ山椒蜀椒朝倉山椒朝倉椒冬山椒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android