コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

al-‘Askar alAskar

世界大百科事典内のal-‘Askarの言及

【カイロ】より

…アムル・ブン・アルアースはファラオ時代以来のクルズム(スエズ)に至る運河を改修して紅海方面と直接の水運を開いたが,これは〈信徒の長の運河〉〈エジプト運河〉あるいは単に〈運河〉(ハリージュ)とよばれ,これによる紅海・インド洋方面との貿易がその後のフスタートの繁栄を支えた。トゥールーン朝(868‐905),イフシード朝(935‐969)の時期には,フスタートの北東にそれぞれアスカルal‐‘Askarとカターイーal‐Qaṭā’i‘の町を建設し,東方からのイラン人,トルコ人,アルメニア人,西方マグリブからのベルベルの流入もみられた。
[カイロの発展]
 チュニジアに興ったファーティマ朝が969年エジプトを占領すると,将軍ジャウハルJawhar(?‐991)はカターイーの北方ムカッタムの丘の麓に区画整然たる矩形の都城カイロ(カーヒラ)Miṣr al‐Qāhiraをつくり,2年後に首都もここへ移ったが,これは政府諸官庁や王侯貴顕,直轄軍などの所在する政治・軍事中心で,経済面ではこの時代にフスタートが最盛期を迎えた。…

【カイロ】より

…アムル・ブン・アルアースはファラオ時代以来のクルズム(スエズ)に至る運河を改修して紅海方面と直接の水運を開いたが,これは〈信徒の長の運河〉〈エジプト運河〉あるいは単に〈運河〉(ハリージュ)とよばれ,これによる紅海・インド洋方面との貿易がその後のフスタートの繁栄を支えた。トゥールーン朝(868‐905),イフシード朝(935‐969)の時期には,フスタートの北東にそれぞれアスカルal‐‘Askarとカターイーal‐Qaṭā’i‘の町を建設し,東方からのイラン人,トルコ人,アルメニア人,西方マグリブからのベルベルの流入もみられた。
[カイロの発展]
 チュニジアに興ったファーティマ朝が969年エジプトを占領すると,将軍ジャウハルJawhar(?‐991)はカターイーの北方ムカッタムの丘の麓に区画整然たる矩形の都城カイロ(カーヒラ)Miṣr al‐Qāhiraをつくり,2年後に首都もここへ移ったが,これは政府諸官庁や王侯貴顕,直轄軍などの所在する政治・軍事中心で,経済面ではこの時代にフスタートが最盛期を迎えた。…

※「al-‘Askar」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

al-‘Askarの関連キーワードファジー理論

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android