コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

al-ithmid alithmid

世界大百科事典内のal-ithmidの言及

【アンチモン】より

…元素記号はこれらに由来する。一方,アラビアではこの目の化粧料はal‐ithmidと呼ばれ,これが11~12世紀にヨーロッパに伝わりantimoniumとなった。アンチモンは中世の錬金術師にとっては特別の興味をもってとりあつかわれ,成功を獲得するための最適の出発物質であると信じられた。…

※「al-ithmid」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android