コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

bimolecular nucleophilic substitution bimolecularnucleophilicsubstitution

世界大百科事典内のbimolecular nucleophilic substitutionの言及

【有機化学反応】より

…たとえば臭化メチルと水酸化物イオンの反応を例にあげることができる。 CH3Br+OH―→CH3OH+Br  ……(18) 反応速度がvk[CH3Br][OH]で表されるので,この型の反応は二分子求核置換bimolecular nucleophilic substitution(SN2と略記)である。この事実および基質が光学活性のとき反転(ワルデン反転)が起こることからヒューズE.D.HughesおよびインゴルドC.K.Ingoldらは,三角両錐形の五配位遷移状態を提案した。…

※「bimolecular nucleophilic substitution」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android