borgata

世界大百科事典内のborgataの言及

【ローマ[市]】より

… このようにして,ほぼ10年の間にローマ市はその姿を大きく変えたが,同時にいくつかの新しい問題が生じてきた。人口の急増に比して市場などの公共施設が不足し,食糧の供給が少数の特権商人に集中したこと,ラチオ地方およびアブルッツィ地方などから貧しい農民が流入し始め,彼らにより周辺部にボルガータborgataと呼ばれるバラック群が造り出されたこと,コロンナ広場を中心とする都心部の交通渋滞などがそれである。そこで,83年新しい都市計画がローマ市議会で採択された。…

※「borgata」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android