コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

brain-fever bird brainfeverbird

世界大百科事典内のbrain-fever birdの言及

【ゴシキドリ(五色鳥)】より

…ゴシキドリ類は,1ヵ所に長い間じっと止まっていて,ひと声鳴くたびに頭をひょいともち上げたり尾を震わせながら単調な声で鳴く。とくに,アフリカやアジア産の種は,熱帯地方の暑い昼間に,金属的でよくひびく単調な声で繰り返し繰り返しいつまでも鳴く習性があり,聞く人をいらいらさせるので,英語ではbrain‐fever bird(気を狂わせる鳥)というあだ名がつけられている。繁殖期には,朽ちた高木の幹にくちばしで巣穴を掘るが,土手やシロアリの巣塚に巣穴をつくる種もあり,1腹2~5個の白い卵を巣穴の底にじかに産む。…

※「brain-fever bird」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

brain-fever birdの関連キーワードbird前田彩希梅田彩佳チフスデング熱ブルセラ症アンドレア バレットウイルス平井愛子本多新也

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android