catch-as-catch-can style(英語表記)catchascatchcanstyle

世界大百科事典内のcatch-as-catch-can styleの言及

【レスリング】より

…しかし,火薬の発明による火器の出現により戦闘様式が一変すると,格闘技術としての目的を失い,スポーツとして生まれ変わって現代に受け継がれることになる。ヨーロッパ各地,とくにイギリスの各地方には独自のレスリングが継承されていったが,なかでもランカシャースタイルは相手のどこをつかんでもよいところから〈キャッチ・アズ・キャッチ・キャン・スタイルcatch‐as‐catch‐can style〉と呼ばれ,イギリスの植民地政策などによりアメリカをはじめ世界の各地に普及,1948年の第14回ロンドン・オリンピックからはフリースタイルと称されるようになった。 近代オリンピックのなかで,レスリングは1896年の第1回アテネ大会から正式種目として採用されたが,この時の出場者はわずか4ヵ国,5人で,グレコローマンスタイルだけであった。…

※「catch-as-catch-can style」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android