cavum tympani(英語表記)cavumtympani

世界大百科事典内のcavum tympaniの言及

【中耳】より

…胎児期に上咽頭からへこみができ,この末端が伸び広がって中耳腔となる。鼓膜の内側の部分は鼓膜を革と考えた円い太鼓のような空間で,鼓室cavum tympaniと呼ばれる。中耳腔はこの鼓室からさらに後方にも広がり,耳の後ろにある骨の隆起(乳様突起)の中まで伸びている。…

【耳】より

外耳
[中耳]
 中耳は鼓膜によって外耳道と境され,鼓室,乳突洞,乳突蜂巣(ほうそう)から成り,耳管で鼻咽腔とつながる。(1)鼓室 鼓室cavum tympaniは六つの面に囲まれ,上壁は骨壁をへだてて中頭蓋腔と接し,下壁は外耳道より低く,内頸(ないけい)静脈球が接する骨壁である。前壁には耳管の開口部と鼓膜張筋を入れる骨管があり,後壁の骨の中には顔面神経が走行し,上部で乳突洞と通じている。…

※「cavum tympani」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android