charrada

世界大百科事典内のcharradaの言及

【スペイン舞踊】より


[民俗舞踊,地方舞踊|バイレス・レヒオナーレスbailes regionales]
 スペインは民謡が豊富であると同様に,地方的な民俗舞踊もきわめて多彩かつ盛んである。とりわけ有名なものに,カタルニャ地方のサルダーナsardana(特定の管楽合奏団により演奏され,人びとが手をつなぎ輪になって踊る),バスク地方のソルツィーコzortziko(個性的な5拍子による),アウレスクaurresku(宮廷舞踊に由来する優美なもの),エスパタ・ダンツァespata‐dantza(剣舞),アラゴン地方のホタ(男性の高くとび上がる振付と純スペイン的な曲調が有名),ラ・マンチャ地方のセギディーリャ(ごくスペイン的なリズムと旋律をもち,アンダルシアに伝播してセビリャーナスsevillanasとなった),アンダルシアを本場とするが各地に普及しているファンダンゴ,アストゥリアス地方のダンサ・プリマdanza primaやヒラルディーリャgilardilla,サラマンカ地方のチャラーダcharrada等々がある。ほかにも注目すべき民俗舞踊は多いが,特記すべきものとしてフラメンコ舞踊がある。…

※「charrada」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android