コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

clay cutan claycutan

世界大百科事典内のclay cutanの言及

【レシベ化作用】より

…アルジリック層の土壌薄片を偏光顕微鏡で観察すると,孔隙(こうげき)の周辺に複屈折を示す流理構造をもった粘土粒子の沈積(アルジランという)が認められる。粘土の集積が顕著な場合には,土壌構造単位の表面に光沢のある粘土皮膜clay cutanが肉眼的にも認められる。レシベ化作用が典型的に生じている土壌は,フランスのレシベ土sol lessivé,ドイツのパラ褐色土Parabraunerde,アメリカのアルフィソルAlfisol,ロシアの偽ポドゾル性褐色森林土,FAO/UNESCO分類体系のルビソルLuvisolなどの名称で呼ばれている。…

※「clay cutan」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

clay cutanの関連キーワード粘土陶土ブックリーフ粘土粘板岩褐色粘土埴土モハメド アリアリ粒度階区分異石質不整合

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android