コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

coal oil energy development coaloilenergydevelopment

世界大百科事典内のcoal oil energy developmentの言及

【石炭液化】より


[石炭の直接液化]
 固体である石炭を直接的に液体燃料に変換する方法で,原理によって,(1)低温乾留法(COED法),(2)接触水素化分解法(ベルギウス法,H‐Coal法),(3)非接触溶剤抽出法(SRC法,EDS法,ソルボリシス法)の3種類に分類される。(1)低温乾留法 石炭を比較的低温(400~600℃)で乾留し,得られる低温タールを精製して液体燃料とする方法で,COED(coal oil energy development)法などがあるが,液体製品の収率が低いのが欠点である。(2)接触水素化分解法 ドイツのF.ベルギウスによって第2次大戦前に開発され,実施された方法(ベルギウス法)で,当時は石炭を微粉化し,石炭の液化油と混合してスラリー状とし,硫化鉄や塩化スズを触媒として加え,水素の共存下に高温(400~500℃),高圧(200~700気圧)下で石炭の水素化分解を行うものであった。…

※「coal oil energy development」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone