コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

comédie larmoyante comedielarmoyante

世界大百科事典内のcomédie larmoyanteの言及

【喜劇】より

…市民階級の勃興とともに生まれた市民劇では,初めて歴史上の英雄などではなく,市民を主人公とする悲劇も書かれるようになったが(それまで,普通の市民が登場する演劇はすべて喜劇であった),ジャンルの区別の厳しいフランスでは,悲劇的な市民劇でも,結末だけはハッピーエンドに終わらせた。ディドロの提唱する〈まじめな喜劇comédie serieuse〉や,催涙喜劇comédie larmoyanteというジャンルがそれで,ドイツでも感傷喜劇が流行した。G.メレディスの《喜劇論On the Idea of Comedy》(1877年講演,97年出版)では,社会的な発展の遅れた国で,よい喜劇は生まれない例としてドイツを挙げているが,共感できる主人公の登場するレッシングの《ミンナ・フォン・バルンヘルム》のような喜劇は,モリエール流の喜劇とはジャンルの異なる温かい情をもったドイツ的喜劇とみるべきだろう。…

【市民劇】より

…18世紀はまた感傷趣味の強い時代で,人間の悪徳を嘲笑する喜劇よりも,人間の不幸に同情して涙することが良い趣味だと考えられ,劇のジャンルを峻別することを好むフランスでは,市民生活を扱い,同情を催すような哀しい内容をもつが,悲劇的結果だけは避けてハッピー・エンドとする戯曲が登場した。これがいわゆる催涙喜劇(お涙頂戴喜劇)comédie larmoyanteである。デトゥーシュDestouches(1680‐1754)やラ・ショッセNivelle de la Chaussée(1691‐1754)などがその代表的な劇作家であった。…

※「comédie larmoyante」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

comédie larmoyanteの関連キーワードセンチメンタル・ドラマラ・ショッセ感傷喜劇