comitatenses

世界大百科事典内のcomitatensesの言及

【リミタネイ】より

…おもに騎兵部隊と歩兵部隊から成り,各地区の軍司令官(ドゥクスdux)が指揮した。部隊は普通移動することはなかったが,ときどき偽野戦軍(プセウドコミタテンセスpseudocomitatenses)となったり,時にまた野戦軍(コミタテンセスcomitatenses)に格上げされて移動した。それゆえ,彼らを国から割り当てられた土地を耕す世襲の農兵であったと考えることはできない。…

【ローマ】より

…そしてこの時代には文官経歴と武官経歴が完全に分離された。軍隊は国境を守る国境防衛軍(リミタネイlimitanei)と,皇帝に直属し危地に急行する騎兵機動軍(コミタテンセスcomitatenses)に分かれた。 こうして肥大化した官僚群と拡大した軍団を保持するために,国家財政はほとんど破綻にした。…

※「comitatenses」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android