コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

e‐文書法 eぶんしょほう/いーぶんしょほう/Eぶんしょほう

知恵蔵の解説

e‐文書法

正しくは、「民間事業者等が行う書面保存等における情報通信の技術の利用に関する法律」。2005年4月に施行された法律で、保存が義務付けられた文書電子化を認めるものである。帳票類や財務諸表取締役会議事録など、商法や税法などで企業に保存が義務付けられている文書について、電子化された文書ファイルでの保存を認めている。また、紙の文書をスキャナーで読み取った画像データも、一定の要件を満たせば原本として認められる。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

e‐文書法の関連情報