コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

e‐文書法 eぶんしょほう/いーぶんしょほう/Eぶんしょほう

1件 の用語解説(e‐文書法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

e‐文書法

正しくは、「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律」。2005年4月に施行された法律で、保存が義務付けられた文書の電子化を認めるものである。帳票類や財務諸表取締役会の議事録など、商法や税法などで企業に保存が義務付けられている文書について、電子化された文書ファイルでの保存を認めている。また、紙の文書をスキャナーで読み取った画像データも、一定の要件を満たせば原本として認められる。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

e‐文書法の関連キーワード電子文書法袖書民間都市開発推進機構PFI事業者書面審理正しく民業民生移転利用調整活動

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone