epihydrogamy

世界大百科事典内のepihydrogamyの言及

【水媒花】より

…イバラモなどでは雄花が水面近くにあり,開花すると花粉がしだいに水中を沈んでいき,水底近くに開花している雌花に受粉する。セキショウモやカナダモの場合には水面で受粉が行われる(epihydrogamy)。これらの花は水の表面近くで開花し,花粉囊が破れると花粉はすぐ近くの水面近くに開花している雌花に達する。…

※「epihydrogamy」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android