コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水媒花 すいばいかhydrophilous flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水媒花
すいばいか
hydrophilous flower

水の流れによって花粉が運ばれ,受粉を行う。たとえばキンギョモでは雌花雄花水中にあって花粉は拡散によって運ばれ,またイバラモでは雌花は常に水底近くにあるので花粉は沈下によって運ばれ,受粉を達成する。なお,セキショウモでは雄花は最初水底にできるが,開花の頃に植物体から離れて水面に浮上し,雌花も長いつる状の柄を伸ばして水面に浮上,ここで花粉は水面を漂いながら雌花に到達して受粉する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいばい‐か〔‐クワ〕【水媒花】

花粉が水によって運ばれて受粉する花。クロモ・セキショウモなど。→虫媒花鳥媒花風媒花

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいばいか【水媒花 hydrophilous flower】

水の媒介によって花粉の移動が行われ,受粉する花。主として水草である。水中で開花するものと,水面で開花するものがある。 沈水植物では水中で受粉する場合(hypohydrogamy)が多く,キンギョモでは雄花が水中で開花すると花粉が水中を拡散し,近くの雌花のめしべの柱頭に受粉する。イバラモなどでは雄花が水面近くにあり,開花すると花粉がしだいに水中を沈んでいき,水底近くに開花している雌花に受粉する。セキショウモやカナダモの場合には水面で受粉が行われる(epihydrogamy)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいばいか【水媒花】

花粉が水で運ばれ、受粉する花。多くの水生植物に見られる。 → 虫媒花風媒花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水媒花
すいばいか

水によって花粉が雌しべの柱頭に運ばれて受粉する花をいう。水生植物にみられるもので、水中で受粉するものと、水上で受粉するものとがある。前者には、エビアマモのように糸状の花粉が海水中を漂い、柱頭に絡まって受粉する型や、イバラモのように雌花が水底にあり、花粉が沈んでいって受粉する型がある。一方、後者には、セキショウモのように沈水性の雄花が開花すると、ちぎれて水面に浮かび、浮水性の雌花のところに流れ着いて受粉するものなどがある。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水媒花の言及

【受粉】より

…その様式には,水媒,風媒,動物媒などがあり,種子植物の多様化にはその様式がたいせつな意味をもっている。水媒花は花粉が水によって媒介されるもので,水生植物にふつうにみられ,水中で受粉するものと,水上で受粉するものがある。風媒花は花粉が空気中を浮遊して媒介されるもので,一般に花被をもたないか,もっていても目だたないものが多い。…

【花】より

…エンドウやイチゴで知られているように,花が開く前にすでに受粉が終わっていることもあるが,普通は開花した後になんらかの方法で花粉が柱頭まで運ばれて受粉する。その方法には昆虫(虫媒花),鳥,コウモリなどの動物によるものと,風(風媒花)や水(水媒花)の無生物によるものに二大別される。前者では,昆虫などを誘うために美しい花が多く,においを出したり,蜜腺(スイカズラ),花盤(ミカン),腺体(ヤナギ)をもち,みつを分泌しているものも多い(図4)。…

※「水媒花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水媒花の関連キーワード吉田精一

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android