exoelectron emission(英語表記)exoelectronemission

世界大百科事典内のexoelectron emissionの言及

【電子放出】より

…したがって高輝度高分解能の電子顕微鏡用電子銃としてたいへん有用であり,0.5nm以上の分解能をもち,電子電流が熱電子放出型の場合の100倍という走査形電子顕微鏡も実現している。
[エキソ電子放出]
 金属やある種のセラミックスをこすったり,破砕したりしたときに,その表面から電子が放出される現象をエキソ電子放出exoelectron emissionという。電子は,新たに表面が形成されるときに放出されるエネルギーや表面の原子が再配列するときに出すエネルギーを得て,真空中に飛び出す。…

※「exoelectron emission」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android