コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

first strike capability firststrikecapability

世界大百科事典内のfirst strike capabilityの言及

【核戦略】より

…これは,ソ連が核戦力を増強してこうした能力を保有するにいたったので対抗措置をとる必要があると考えたのとともに,核兵器技術の進歩によってABMを突破するMRVや,個々の目標を正確に攻撃できるMIRVが開発され,核ミサイル基地を正確に攻撃する能力を持つにいたったことが大きく影響している。第1撃能力first strike capabilityと第2撃能力second strike capability先制核攻撃によって敵の戦略核戦力を無力化する能力を第1撃能力と呼び,敵の核による先制的な奇襲攻撃を受けても生き残った核戦力で敵に報復攻撃を行い,壊滅的打撃を与える能力を第2撃(報復)能力という。また,戦争が発生した場合,敵よりも先に核兵器を使用することを先制使用first useと呼び,先制核攻撃で敵の戦略核戦力を無力化する第1撃能力と区別している。…

※「first strike capability」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone