flotas

世界大百科事典内のflotasの言及

【通商院】より

… (1)貿易管理業務 新大陸へ渡るすべての船舶は通商院の許可を必要とし,出航地は18世紀中ごろまではセリビャに,新大陸の入航地は18世紀初頭までハバナ,ベラクルス(現,メキシコ領),カルタヘナ(現,コロンビア領),パナマなど数港に限定されていた。1543年フロータス制の成立以降は,護衛艦に守られた船団(フロータスflotas)を組むことが義務づけられ,年2回の出航時期も指定された。こうしてフロータスによって搬出・搬入される物資もすべて通商院の統制下におかれたが,なかでも新大陸産の貴金属(うち20%は五分の一税として国庫に収められた)は全植民地時代を通じて最も重要な品目であった。…

※「flotas」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android