コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通商院 つうしょういん Casa de Contratación de las Indias

1件 の用語解説(通商院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つうしょういん【通商院 Casa de Contratación de las Indias】

スペインの植民地統治機関の一つ。インディアス通商院インディアス商務院とも訳される。新大陸との貿易を王権の直接的な統制下におくことを目的として1503年セビリャに設立された。1717年カディスへ移転されるが,18世紀末に廃止されるまで,行政・司法の統轄機関インディアス枢機会議とともに,スペインによる排他的植民地政策を支える中心的役割を演じた。通商院の権限は1511年,30年の勅令によってほぼその法的基盤が確立されたが,権限と任務は以下のとおり多岐にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

通商院の関連キーワードエクアドルコスタリカ植民地スペイン米西戦争統治機関ラスカサス組曲「スペイン」スペイン組曲スペインの歌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone