コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

fou fou

世界大百科事典内のfouの言及

【道化】より

…語源については,〈童戯〉〈戯気(たわけ)〉〈おどけ〉,斎藤道三(どうさん)の家来の〈道家某〉という名の転訛とするなど,諸説がある。英語のフールfool,フランス語のフーfou,ドイツ語のナルNarrは,愚者,まぬけ,職業的道化師など多様な意味内容をもつ。foolの語源はラテン語のフォリスfollis(〈ふいご〉の意)で,道化の無内容な言葉を〈風〉にたとえたと思われる。…

※「fou」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

fouの関連キーワードウエスタン・マリオネット 魔法のけん銃ノートルダムドフルビエール大聖堂3つの行為における4人の聖者ヒーローズアンドキャッスルファウンデーション対帝国アトランティスを発見せよフォー・テンペラメントフレンチ警部と漂う死体第二ファウンデーションFoursquareノンルフールマン原則エマニュエル トッドメディア買収の野望Ooo Baby4人の聖者全三幕4ダブリューエスメグレを射った男24:レガシー三角形の第四辺チャーダーエフ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

fouの関連情報