コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

hard component hardcomponent

世界大百科事典内のhard componentの言及

【宇宙線】より

…また,衝突された空気を構成している原子核からは,低エネルギーの陽子と中性子が飛び出してくる。このようにして,地上には多成分の二次宇宙線が飛来しているが,成分によって物質の貫通力が異なるので,厚さ10~15cmの鉛を用い,これで吸収される成分を軟成分soft component,貫通するものを硬成分hard componentと呼んでいる。軟成分はγ線,電子,陽電子で,電磁成分とも呼ばれ,物質中では放射行程(鉛で5mm)ごとに,γ線は電子対生成によって電子と陽電子に転化し,電子と陽電子はγ線を放射することによってエネルギーの大半を失う。…

※「hard component」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

hard componentの関連キーワードコンポーネントステレオダイ・ハード4.0システムコンポーネントPCIバスミニPCIコンポステレオステレオコンポファクトリメソッドDirectDrawExpressCard

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone