コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

hum

デジタル大辞泉プラスの解説

hum

株式会社ハイタイドと大阪のデザイン集団「graf」によるブランド名

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のhumの言及

【セルビア】より


【歴史】

[中世セルビア王国の建国]
 7世紀初頭にバルカン西部に南下・定住した南スラブ系のセルビア人は,当初,族長(ジュパンžupan)に率いられた諸部族に分かれ対立・抗争を続けていた。その領域はラシュカRaška(現在のセルビア南西部),ゼータZeta(モンテネグロ),フムHum(ヘルツェゴビナ)に及んだ。8世紀から12世紀にかけて,セルビア人の南部地域は隣接するブルガリア王国やビザンティン帝国の強い影響を受け,その支配下に入った。…

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】より

… 一時ハンガリー王国の支配下に置かれたボスニアは,14世紀に入るとコトロマニッチKotromanić(在位1322‐53)が統治者に選出された。彼は南部のフムHum(のちにヘルツェゴビナと呼ばれる)をも支配下に置き,ボスニアとヘルツェゴビナ統一の基礎を作った。彼の後継者トブルトコTvrtko(在位1353‐91)はさらに自らの領土を拡大し,衰退しつつあった隣接のセルビア王国に代わり,バルカン最強の国家となった。…

※「hum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

humの関連キーワードCHO(チーフ・ヒューマンリソース・オフィサー)hum dog ear notebook山口県立萩美術館・浦上記念館hum oratorヒューマンカウンターhum dipsスクンビット通り深山鳴子百合牛蒡鬚長蚜虫接骨木膨蚜虫貧しい人たち肩赤細叩頭虫ヒューモリスムハンマド軍茨鬚長蚜虫浦谷はるなロダザレスシムシュ島加奈牟久羅加奈无久良

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

humの関連情報