コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

infra-human culture infrahumanculture

世界大百科事典内のinfra-human cultureの言及

【サブカルチャー】より

…【高田 昭彦】
[動物におけるサブカルチャー]
 人間以外の動物の行動のうち,非生得的で社会生活を通じてその集団の成員間に獲得,伝播(でんぱ),伝承され,集団の全成員,またはその一部に分有される行動をいう。インフラヒューマン・カルチャーinfra‐human culture,プレカルチャーpre‐culture,プロトカルチャーproto‐cultureなどとも呼ばれる。サブカルチャーは,とくに言語が介在しないがゆえに人間社会の文化(カルチャー)と区別されるが,リントンR.Lintonの〈習得された行動と行動の諸結果の総合体であり,その構成要素がある一つの社会のメンバーによって分有され伝達されているもの〉というカルチャーの定義からすれば,両者は区別できない。…

※「infra-human culture」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

infra-human cultureの関連キーワード水耕文化福山雅治文化久万高原(町)禅と日本文化TIROS古典昂併ISOPP

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone