kalan

世界大百科事典内のkalanの言及

【チャンパ】より

…仏教よりもヒンドゥー教が盛んに行われたチャンパの建築や彫刻は,7世紀にすでにインドのグプタ様式やクメールの前アンコール期の美術に通ずる様式を完成させていた。とくにカランkalanとよばれる方形の塔にピラミッド形上層屋をのせた石造建築が早くから発達し,10世紀にはその特徴のある様式が完成していた。ミソンとその東のチャキエウやドンズオンなどに見られる遺跡は,チャンパの建築がクメールのように段状ピラミッドや回廊形式を発展させず,しだいにインド的要素を捨てて民族的特性を表現するようになっていった歴史を物語っている。…

※「kalan」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android