コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

lamellar eutectic lamellareutectic

世界大百科事典内のlamellar eutecticの言及

【共晶】より

… 共晶組織は共晶反応によって形成された金属組織であり,2元系合金においては2種の固相が混じり合った組織である。構成される元素,凝固時の条件等により非常にさまざまな形態をとるが,代表的な形態は各固相が微細な薄片となり互いに重なり合った層状組織で,ラメラー共晶lamellar eutecticと呼ばれる。これは最初に晶出した固相核の両側面に他の構成固相が晶出し,その繰返しによって層状に発達したもので,成長方向は層状方向に垂直である。…

※「lamellar eutectic」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

lamellar eutecticの関連キーワード共融線共融混合物葉理組織縞状組織LBE鉛ビスマス共融混合物三重共融初晶ユートロピック

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android