landskap

世界大百科事典内のlandskapの言及

【スカンジナビア】より

…それはそれぞれが豪族に指導される地域共同体がより大きな法共同体に統合されるということである。法共同体の連鎖・累積として,北欧三国(ノルウェー,デンマーク,スウェーデン)にそれぞれいくつかの法的領域land,landskap(邦)が形成されたのは,バイキング時代から中世初期にかけてである。こうした集会=法共同体の編成とその形成過程がもっともよく知られている例はアイスランドである。…

※「landskap」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android