コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

le Facteur Cheval leFacteurCheval

世界大百科事典内のle Facteur Chevalの言及

【シュバル】より

…フランス南東部,ドローム県の田舎町オートリーブHauterivesの人。死後ブルトンらによって発見された素人建築家で,その本業のゆえに〈郵便配達夫シュバルle Facteur Cheval〉と呼ばれる。毎日の郵便配達の帰り道で見つけた奇妙な形の石や貝殻を庭に積み上げ,彫刻し,ただひとりで巨大な〈理想の宮殿〉を造りあげた(1879‐1912)。…

※「le Facteur Cheval」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

le Facteur Chevalの関連キーワードシュバル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android