コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

mashrabīya mashrabiya

世界大百科事典内のmashrabīyaの言及

【イスラム美術】より

…すなわち,私的な居住区域は,外部から直接に接近しがたい構成をとり,しかも開口部は道路側よりも,むしろ中庭に向かって設けられる。道路に面して窓を設ける場合には,強い日ざしや砂塵を遮閉するために,緻密な格子(マシュラビーヤmashrabīya)をはめ込み,内部がのぞけない仕組みになっている。 イスラム初期のアラブは独自の建築様式をもたず,征服地の文化,すなわちペルシア,ビザンティン,西ゴートなどイスラムに先立つ文化の伝統を借用し,これを修正し,修飾を付加しつつ独自の様式を確立していった。…

※「mashrabīya」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android