コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタセンター メタセンター metacenter

翻訳|metacenter

5件 の用語解説(メタセンターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メタセンター(metacenter)

船など水面に浮いている物体の傾きの中心。平衡して浮いているときの重心と浮力の中心とを結ぶ作用線が、傾いた位置での浮力の中心を通る鉛直線となす交点。これが重心位置よりも高いほど安定性が大きい。傾心。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メタセンター

復原力

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メタセンター【metacenter】

水面に浮く船,あるいは海洋構造物などの浮体に働く浮力は,水面下の体積中心,すなわち浮心に作用する。浮力の作用方向は浮体の傾斜にかかわらずつねに水面に垂直であるので,浮体が直立しているときの浮力の作用線と,浮体がごくわずか傾斜したときの浮力の作用線は,浮心B0の上方において交わる。この点をメタセンターまたは傾きの中心と呼び,浮心上メタセンター高さB0Mは,傾斜に伴い浮心が描く軌跡の曲率中心として定義される(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メタセンター【metacenter】

船体など液面に浮いている物体を平衡の位置からわずかに傾けたときの浮力の作用線と、平衡の位置の浮力の作用線との交点。この点が重心より上にあれば平衡は安定、下にあれば不安定。傾きの中心。傾心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタセンター
めたせんたー
metacenter

おもに船における浮力の傾心をいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメタセンターの言及

【舟∥船】より

…図において,浮力の作用線と船体中心線との交点Mは傾斜角があまり大きくならない限り一定の位置になる。この点をメタセンターという。メタセンターは船の外形によってのみ決まる点であり,同一喫水状態では不変である。…

【浮力】より

…浮体を傾けると水面下にある部分は静止の場合と異なるので浮心の位置が移動する。その位置B′を通る鉛直線と,静止の場合のG,Bを通る直線との交点(メタセンター)がGより上にあれば元にもどそうとする力のモーメントがGのまわりに働くので安定であるが,逆だとますます傾いてひっくりかえってしまう。ここでは一様な鉛直方向の重力を考えたが,一般に保存力の場であれば同じ考えが適用できる。…

※「メタセンター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メタセンターの関連キーワード浮き浮島水面宙に浮く土圧伏し浮きSCORPIO水銹游禽類背浮き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone