復原力(読み)ふくげんりょく

百科事典マイペディア「復原力」の解説

復原力【ふくげんりょく】

一般にはつり合いの位置から動いた物体を元の位置に戻そうとする力のことだが,水上で直立しているを静かに傾けようとするとき,これに抵抗する力,または傾けられた位置から元へ戻ろうとする力を指す場合が多い。船が静止しているときは,重心浮力の中心(浮心という)とは同一鉛直線上にあって,重力と浮力はつり合っている。少し傾くと重心は変わらないが浮心は移動し,両者は同一鉛直線上になく,重力と浮力による偶力は船を回転させるように働く。このとき浮力中心を通る鉛直線と船体中心線との交点をメタセンターといい,重心がメタセンターより下にあれば,この偶力は船の復原力となる。重心が高くメタセンターより上にあれば,この偶力は船をますます傾けようとする。メタセンターと重心との距離をメタセンター高さといい,復原力の大きさはこれによって定まり,メタセンター高さの小さい重頭船は復原力が小さく,上部の軽い船,幅の広い船などメタセンター高さの大きい軽頭船は復原力が大きい。
→関連項目浮力中心

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「復原力」の解説

ふくげんりょく【復原力 stability】

つり合いの位置から変位した物体を,元の位置に戻そうとする力を一般に復原力と呼ぶが,単に復原力というと,船が傾斜したとき元の姿勢に戻そうとする偶力を指すことが多い。船が水面上で直立している場合,鉛直下方に作用する船の重力と鉛直上方に作用する浮力は大きさが等しく,重心(重力の作用点)と浮心(浮力の作用点)は同一鉛直線上に位置しつり合いを保つ。浮心は水面下の船体の体積中心であるので,船体の傾斜とともにその位置を変えるが,重心は移動しない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の復原力の言及

【舟∥船】より

…なんらかの外力により船が傾斜した場合,重心は移動しないが,浮心はおしのけた水の中心であるため図1-bのようにBからB′へ移動し,船を直立状態に戻そうとするモーメントが働く。これを復原力と呼んでいる。図において,浮力の作用線と船体中心線との交点Mは傾斜角があまり大きくならない限り一定の位置になる。…

※「復原力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android