コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復原力 ふくげんりょく

百科事典マイペディアの解説

復原力【ふくげんりょく】

一般にはつり合いの位置から動いた物体を元の位置に戻そうとする力のことだが,水上で直立しているを静かに傾けようとするとき,これに抵抗する力,または傾けられた位置から元へ戻ろうとする力を指す場合が多い。
→関連項目浮力中心

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくげんりょく【復原力 stability】

つり合いの位置から変位した物体を,元の位置に戻そうとする力を一般に復原力と呼ぶが,単に復原力というと,船が傾斜したとき元の姿勢に戻そうとする偶力を指すことが多い。船が水面上で直立している場合,鉛直下方に作用する船の重力と鉛直上方に作用する浮力は大きさが等しく,重心(重力の作用点)と浮心(浮力の作用点)は同一鉛直線上に位置しつり合いを保つ。浮心は水面下の船体の体積中心であるので,船体の傾斜とともにその位置を変えるが,重心は移動しない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の復原力の言及

【舟∥船】より

…なんらかの外力により船が傾斜した場合,重心は移動しないが,浮心はおしのけた水の中心であるため図1-bのようにBからB′へ移動し,船を直立状態に戻そうとするモーメントが働く。これを復原力と呼んでいる。図において,浮力の作用線と船体中心線との交点Mは傾斜角があまり大きくならない限り一定の位置になる。…

※「復原力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

復原力の関連キーワードクーロン(Charles Augustin de Coulomb)metacentreキャッチャーボートポリス(都市国家)バージ・キャリアースタビリティーバルジ(船舶)リーフラー時計トーションバーヨットの用語メタセンタラッシュ船水産資源上昇気流日本思想中ロ関係減衰振動友鶴事件バラスト傾斜試験

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

復原力の関連情報