コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

mot populaire motpopulaire

世界大百科事典内のmot populaireの言及

【フランス語】より

… 最後にフランス語の語彙に関していえば,ラテン語に由来するものが大多数を占める。ただし俗ラテン語期から今日に至るまでとだえることなく使われ続け,現在も基本語彙の根幹をなす,いわゆる〈民衆語mot populaire〉と,古フランス語期以来,書き言葉としての中世ラテン語から,あるいは特にルネサンス以降は古典ラテン語から意識的に借用された,抽象語をはじめとする多量の〈学識語mot savant〉とを区別することができる。〈民衆語〉にはガリア語やゲルマン語起源の語が含まれ,また〈学識語〉にはギリシア語やアラビア語起源の語も含まれるが,フランス語の語彙にはこのほか,オイル語方言やオック語,イタリア語(特に15~18世紀),英語(特に17世紀以降)その他の言語からの借用語が見いだせる。…

※「mot populaire」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

mot populaireの関連キーワード技術経営(MOT)MOT合いことばモテットソシュール/用語解説国民運動連合人民戦線社会教育シャンソンコポー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android