コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

neckcloth

世界大百科事典内のneckclothの言及

【ネクタイ】より

…現在でも燕尾服には白の麻か綿の蝶タイ,タキシードには黒の蝶タイが必ず合わされているのは,この時代のなごりである。現在のような多彩な色物や柄物が使われはじめたのは,19世紀半ばころからで,当時の男子服のほとんどが黒または黒ずんだ色調のものだったため,色物がとり入れられ,名称もそれまでのネッククロスneckclothに代わってネクタイが徐々に使われるようになった。1870年代から80年代にかけてシャツの衿が小型になり,上着やベストの衿明きが小さくなったために,ネクタイの結び目が急激に小型化して,現在のネクタイとほぼ同じ形態になった。…

※「neckcloth」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android