コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

patrimonium Caesaris patrimoniumCaesaris

世界大百科事典内のpatrimonium Caesarisの言及

【ローマ】より

…元首政初期まで徴税請負人により徴収された間接税も,のちに皇帝役人により徴収されるようになった。その他の財源として皇帝一族の莫大な私有財産(パトリモニウム・カエサリスpatrimonium Caesaris)があり,セプティミウス・セウェルスのときには没収財産やアントニヌス朝の財産を中心にして皇帝財産(レス・プリウァタres privata)が設けられ,財政機構はいっそう複雑になった。 3世紀には通貨の下落,物価騰貴が著しく進行した。…

※「patrimonium Caesaris」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

patrimonium Caesarisの関連キーワードロスウィータ・フォン・ガンデルスハイム家産制教皇領国家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android