コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

possessionnye krest'yane possessionnyekrestyane

世界大百科事典内のpossessionnye krest'yaneの言及

【ロシア帝国】より

…都市小売商などはメシチャニーンと呼ばれてこれと区別されたが,御者,下男,下女など都市の下層の多くは出稼農民であった。 ロシアの工場制工業も農民労働に大きく依存し,18世紀には工場に買われた〈占有農民possessionnye krest’yane〉,工場に編入された〈編入農民pripisnye krest’yane〉,さらに地主工場の農奴労働が特色をなし,ピョートル1世の開発したウラルの冶金業でも前者が大量に使用された。19世紀前半には新たな綿工業を中心に,大半が国有地・私有地の出稼農民からなる〈自由雇用労働者vol’nonayomnye rabochie〉が工場労働力の主力(1804年に47%,60年に87%)をなし,世紀後半にも工業・建設の労働者の大半は出稼農民であった。…

※「possessionnye krest'yane」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone