コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

pyrophyllite brick(英語表記)pyrophyllitebrick

世界大百科事典内のpyrophyllite brickの言及

【耐火煉瓦】より

耐火度はSK32程度であるが,荷重軟化点が1600℃以上と高く,再加熱による収縮がない(むしろやや膨張する)のが特徴で,炉の天井やアーチ,コークス炉などに用いられる。 蠟石質煉瓦pyrophyllite brick蠟石(パイロフィライトAl2O3・4SiO2・H2Oを主成分とする鉱物で,石英やカオリンを含むことが多い)を主原料とするシリカ‐アルミナ系の酸性耐火煉瓦。蠟石は,含有水分が少ないので焼成収縮が小さく,シャモット煉瓦の場合とはちがって生のまま原料として使用でき,焼結がよく,安価な煉瓦として製鋼用取鍋(とりなべ)などに広く用いられている。…

※「pyrophyllite brick」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android