コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

qawm qawm

世界大百科事典内のqawmの言及

【ワタン】より

…近代アラブの政治や文化にかかわる基本概念の一つ。近代のアラブ民族主義の成立と展開を通じてカウムqawmが宗教や言語・文化に基づいて形成される〈民族〉という意味を与えられるようになってきたのに対し,ワタンは歴史的・社会的に形成された〈国民〉とその生活および運動の場としての〈国土〉を指すようになった。ワタンに基礎を置く民族主義としてのワタニーヤ(ワタン主義)の課題は,エジプト人やパレスティナ人が特に重視するところである。…

※「qawm」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

qawmの関連キーワードアラブ民族主義ワタン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android