radar area correlation guidance(英語表記)radarareacorrelationguidance

世界大百科事典内のradar area correlation guidanceの言及

【ミサイル】より

…この方式は,アメリカの巡航ミサイル〈トマホーク〉等で実用化されている。また,マイクロ波を放射し地上からの反射率を計測し,河川,構築物等の特徴をとらえる対地照合技術radar area correlation guidance(略号RADAG(レーダツグ))もあり,アメリカの〈パーシングII〉で使用されているが,これらは海面上では使えない。
[核ミサイルの威力]
 ミサイルの目標に与える威力は,ミサイルの命中精度,弾頭の爆発エネルギーおよび目標の堅牢性などにより変わってくる。…

※「radar area correlation guidance」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android