コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

radical metaphor radicalmetaphor

世界大百科事典内のradical metaphorの言及

【形而上詩】より

…これを〈形而上詩〉と呼ぶ呼称については,同じ17世紀のW.ドラモンド,J.ドライデン,次の18世紀のジョンソン博士らが,〈衒学(げんがく)的〉〈過度に知的〉といった非難に近い意味に用いたことに始まる。すなわち17~18世紀の新古典主義的な流れのなかでは低い評価しか与えられなかったのであるが,19世紀のロマン主義時代になると,一部ながら形而上詩が駆使した〈根元暗喩radical metaphor〉や,これを支えた強い想像力に対する新しい認識がおこりはじめた。 そして20世紀に入ると,H.J.C.グリアソンによる新しい《ダン詩集》(1912)の刊行や,T.S.エリオットによる再評価(《形而上詩人論》1921)などがあって,まことに目ざましい復興がおこった。…

※「radical metaphor」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

radical metaphorの関連キーワードソンタグ