sabkha

世界大百科事典内のsabkhaの言及

【ストロマトライト】より

…例えばペルシア湾やオーストラリアのシャーク湾の亜潮間帯から潮上帯にかけては,特徴的な形のストロマトライトで分帯され,ことにアルガルマットのよく発達する潮間帯上部は3~4帯に細分されている。ペルシア湾の潮上帯の堆積物はアラビア語でソールトフラット(塩水が一時的に蒸発乾固したあとにできる平地)を意味するサブハsabkhaとよばれるが,表面から数十cm下には,かつて潮間帯であったころのアルガルマットが連続して追跡できる。一方,形態の多様性を藻類の種類の差とする意見もあり,この考えにたって,先カンブリア時代の地層の示準化石として大陸間の対比につかう試みもなされている。…

※「sabkha」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android