scintiscanner

世界大百科事典内のscintiscannerの言及

【シンチグラム】より


[測定装置]
 汎用装置としては,シンチスキャナー,シンチカメラがあり,その他にも種々の装置が開発されている。(1)シンチスキャナーscintiscanner 最初のシンチスキャナーはアメリカのカッセンB.Cassenらによって考案された(1951)。検出部にシンチレーションカウンターを用い,患者体表面上の二次元的走査scanをすることからシンチスキャナーと呼ばれる。…

※「scintiscanner」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android