コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

self elevating platform selfelevatingplatform

世界大百科事典内のself elevating platformの言及

【作業船】より

…コンクリートプラント船は,甲板上にコンクリートミキサー,セメントサイロなどをもち,現場でコンクリートを自動的に打設するもので,同様のものにモルタルプラント船がある。作業台船は,作業の内容に応じて必要な機械類を搭載して作業を行う船で,とくに自己昇降式作業台船はSEP(self elevating platformの略)と呼ばれ,昇降可能な脚によって着底し,作業台本体を海面上にもち上げ,高波浪域での作業を容易にかつ精度よく行うことができる。 押船(プッシャー)は,船首部を艀(はしけ)(バージ)の船尾にはまり込ませ,ロープなどによりバージを連結し押航するもの,引船(タグボート)は,他船を曳引する船で,いずれも低速で大きな推力を得るようコルトノズル推進を採用することが多く,操船性能に優れている。…

※「self elevating platform」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

self elevating platformの関連キーワード牛腸茂雄ジョハリの窓DJOSHOWクーリー対人行動フリードランダーヨム サンウクEFP爆発成形型貫徹弾スキューバ・ダイビング

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android