コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

statolith statolith

世界大百科事典内のstatolithの言及

【平衡胞】より

…無脊椎動物の平衡器官,すなわち重力方向に対する体の姿勢を知覚する器官で,外胚葉細胞が落ちくぼんで作られた小さな袋状の構造である。内面に多数の感覚毛を生じていて,体が傾くと袋内の平衡石statolithがちがう部位の感覚毛に触れることになり,これによって体の姿勢を感知する。腔腸動物,扁形動物,紐(ひも)形動物,環形動物,節足動物,軟体動物,棘皮(きよくひ)動物,原索動物などでは一部の動物群によく発達しているが,その形態や作られている部位は動物群によってさまざまである。…

※「statolith」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

statolithの関連キーワード平衡胞感覚

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android