コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平衡胞 へいこうほうstatocyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平衡胞
へいこうほう
statocyst

無脊椎動物の平衡器官。甲殻類では触角の基部にあり,その内面には一群の感覚細胞があって,それから生じた感覚毛がそなわっている。通常胞内には分泌された1個の平衡石または外界から取入れられた数個の砂粒がある。動物の体が傾斜したとき,平衡石または砂粒が感覚毛に触れ,それがひずみを受けることによって感覚細胞が興奮しインパルスが発生する。特にイセエビの平衡胞の機能については生理学的によく調べられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいこう‐ほう〔ヘイカウハウ〕【平衡胞】

無脊椎動物の平衡器官。袋状で内壁に感覚毛があり、平衡石が入っている。平衡嚢。耳胞。聴胞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平衡胞【へいこうほう】

平衡嚢,聴胞とも。無脊椎動物の平衡器官。内壁に感覚毛(平衡毛)のある小嚢で,中に1個または多数の平衡石がある。動物体の傾きに応じて平衡石が異なる部分の感覚毛に触れるため体の位置を知覚できる。
→関連項目平衡器官

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいこうほう【平衡胞 statocyst】

無脊椎動物の平衡器官,すなわち重力方向に対する体の姿勢を知覚する器官で,外胚葉細胞が落ちくぼんで作られた小さな袋状の構造である。内面に多数の感覚毛を生じていて,体が傾くと袋内の平衡石statolithがちがう部位の感覚毛に触れることになり,これによって体の姿勢を感知する。腔腸動物,扁形動物,紐(ひも)形動物,環形動物,節足動物,軟体動物,棘皮(きよくひ)動物,原索動物などでは一部の動物群によく発達しているが,その形態や作られている部位は動物群によってさまざまである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へいこうほう【平衡胞】

無脊椎動物の平衡器官。囊状で内面には感覚毛があり、胞壁の細胞が分泌した一個から数個の平衡石がある。平衡囊。耳胞。聴胞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平衡胞の言及

【平衡感覚】より

…平衡器はヒトを含む脊椎動物では内耳の前庭迷路器官にあり,頭部の静的位置をおもに検出する前庭囊と,動的位置変化にともなう加速度を検出する半規管とからなっている(三半規管)。前庭囊は耳石器ともよばれ,無脊椎動物の平衡胞と共通の構造,機能をもつ。半規管は一つの基部からたがいに直交する3平面上にある3個の半円弧の環(円口類では1~2個)を派生した管状の器官で,それぞれの管の一端に瓶とよぶ膨大部があり,その内腔に有毛受容細胞の繊毛がゼリー状の物質に包まれてできた扇状のクプラが管軸と直角に立っている。…

※「平衡胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平衡胞の関連キーワード平衡嚢・平衡囊スナアイヒドラマミズクラゲコンボルータ機械受容器オキアミ類ウズムシ平衡感覚オキアミアミ類神経アミ耳石

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android